電子コミック【無料試し読み】あらすじ&ネタばれも!

電子コミック、漫画、マンガが無料で試し読み&立ち読みできるところを紹介しています!作品のあらすじやネタばれもあるよ。

火葬場のない町に鐘が鳴る時 無料立ち読み

   

人口6000人、山あいの小さな町・みとず町。その田舎町では夕方6時になると不協和音の鐘が鳴り響く。その音が聞こえたら、夜明けまで決して外に出てはいけない。

だが、10年ぶりに東京からこの町に戻ってきた勇人は、この掟を知らずに破ってしまう。そこに現れたのは、冥奴様と呼ばれる得体の知れない化け物だった。

PC&スマホ漫画雑誌『ヤンマガ海賊版』発のサスペンスホラー!!



>> 火葬場のない町に鐘が鳴る時を無料で立ち読みしてみる


火葬場のない町に鐘が鳴る時を読んだ方の感想

おもしろいです

4巻まで出たので、あらためて1巻から読み返しましたが、やっぱりめっちゃ面白いです。
レビューを読んでわからなくもないのは、たしかに突っ込みどころを隠そうともしてない、ノーガードな部分もある。
むしろツッコみいれながら楽しんでねと言わんばかりな部分も(掛け時計のシーンなんてまさに)。これは自分の漫画論などをはっきり持っている人ほど、突っ込まずにはいられないんでしょうね。
3巻後半から4巻と続くうちに、ちょっと落ち着いてきて、B級映画的な活きのよさが潜んでしまってる感があり、先が気になり面白いのは変わらずなのですが、予想外ななキャラたちの登場が減ってきてますね。1,2巻の母親をしのぐ、ツッコミ甲斐のある人出てきてほしいです、でも決して嫌いではないです、お母さんw
個人的にはこのツッコミ待ちの勢いも殺さず続いてほしいです。
そういう作品が減るのは寂しいですからね。

脇役の幼馴染のキャラがいい感じです

とりあえず初めに身内とか友人を死なせておいて、お涙ちょうだいしてからルール説明&パニック開始!みたいな、よくあるデスゲーム系の漫画かと思ったら違ってました。
3人の幼馴染が再会してすぐ心の距離がすれ違ったまま怪事件に引きずり込まれていく、という怪奇ミステリー系の漫画です。夕方の鐘と共に冥途様と呼ばれる昔話の怪物が出てくる、という設定はちょっと、どこかで見たぞ感がぬぐえず残念ではありますが、わかり易くも先を気にさせる物語展開は先が読めそうで読めず、ついつい気になって最後のページまでめくってしまう感じです。
主人公もまぁ、これと言って特筆するキャラでもないのですが、それを補うかのように2人の幼馴染のキャラが良いです。特にドラゴンというあだ名のイケメンくんがすごくいい。ほんとにいい味出してます。無個性な主人公をしっかりカバーしながら、物語の展開をサポートする名脇役です。
丁寧に練られたストーリー展開はとても読み手に優しく、好感触ではありましたが、悪く言えば展開が遅いとも言えます。人がゴミのように死んでいくドタバタパニックホラーが好きな人には向かないかもしれませんが、怪物の正体や事件の謎をじわじわ解く感じが好きな人には満足できると思いますし、お勧めできます。


>> 火葬場のない町に鐘が鳴る時を無料で立ち読みしてみる


 - 少年マンガ