マヨヒガのお姉さん その3【試し読み】ネタバレ

マヨヒガのお姉さん その3アダルトコミック

オリジナルのおねショタ漫画第3弾。

新しいヒロインが新しい主人公を搾り尽くす内容になっています。
前作までのキャラも少しだけ登場します(Hシーンはなし)。

前作までのヒロインに比べて、新しいヒロインは少しSっ気が強く、容赦がありません。
人外の存在で獣の耳と尻尾が生えています。
新しい主人公は見栄っ張りですが実は女性に弱く、簡単に暴発してしまいます。

プレイ内容は、手コキ、パイズリ、騎乗位SEXなど。

336x280_02

>> マヨヒガのお姉さん その3 を試し読みしてみる

マヨヒガのお姉さん その3 を読んだ感想

このお姉さん相手に持久戦ができるなら尊敬するよ

「前作までのヒロインに比べて、新しいヒロインは少しSっ気が強く、容赦がありません」と書いてあり、確かに相違ないのですが、それは結果的な必然も含んでいます。
本作のショタは「実は女性に弱く、簡単に暴発してしまいます」ので、性的に喜ばせてやると意気込んで登場したお姉さんは肩透かしを食らってしまいます。
ディフェンダー10人抜きをするつもりでドリブルを始めたら、一歩目の爪先で小突いたボールがゴールに吸い込まれたとしたら拍子抜けすると同時に、敵チームの不甲斐無さにイラ立ちを覚えるかもしれません。
つまりは女性側と男側の実力に天と地ほどの差があるのです。
少年が異性に不慣れなのは間違いなく、本番まで行かなくとも軽いスキンシップでもフルスロットルに達してしまう可愛さを持っています。
しかし、それにも増してお姉さんが性的にハイスペック過ぎるのです。
ケモミミ&尻尾は言うまでもないとして、妖艶にして母性的な豊満さはもはや反則級です。
おまけに、諸事情でサイズの小さなウエイトレス制服を着ていて、ただでさえ肉感的なボディが溢れ気味です。
挙句の果てに、少年の栓の緩さに呆れながらも、服を脱がしてくれたり、エスコートしてくれたり、優しく包容力が感じられ、安心して全てを任せたくなってしまいます。
相手が弱すぎて実力を発揮できない事にイライラしたりする一方で、根本的には面倒見の良いお姉さんなのです。

640x100_02

毛色の違うお姉さん

その3、ということでまたまた新お姉さんが登場するわけです。肉感の凄いお姉さんですが、ロリババア属性も持っている感じですね(あくまでもおねショタなお話なので、内容的にはあんまり関係ないですけど)。
相変わらずこのお店のお姉さん特有の凄まじいテクニックで少年を翻弄していくんですが、これまでの二人と違うのは、今回は人ではないのでバケモ……神的な超常体質も駆使してくる点ですね。
まあ何にせよエロいので、おすすめです。

336x280_01

>> マヨヒガのお姉さん その3 を試し読みしてみる

タイトルとURLをコピーしました